逆子の灸・逆子体操|逆子は東京青山のアキュモード鍼灸院

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

東京都港区南青山にある、女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
スタッフは全員国家資格を取得している女性ですので、ご安心ください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

逆子の灸・逆子体操|逆子は東京青山のアキュモード鍼灸院

逆子の灸、逆子体操逆子(骨盤位)を直す逆子の灸・逆子体操

国家資格を持った女性鍼灸師が担当いたします。
着替えのご用意がありますので、手ぶらで安心してご来院ください。

アキュモードで行う逆子(骨盤位)治療

アキュモードで行う逆子(骨盤位)の治療には、以下の2コースがあります。

  • 【逆子ケアAコース】…お灸の刺激によって逆子を治す「逆子の灸」を行うコース

  • 【逆子ケアBコース】…「逆子の灸」にプラスして、重力を利用して赤ちゃんの位置をずらしていく「逆子体操」を行うコース

逆子は28週までであれば、自然に直る可能性が高いこと、
また、28週未満で逆子を直しても、再発の恐れがあること、 をふまえ、
アキュモードでは、28週からのご来院をおすすめしています

赤ちゃんは、普段自由きままにお腹の中をクルクル回っています。
正常な姿勢は、頭を下げた姿勢ですが、たまたま検診日に逆子の状態になっていることがあります。
しかし、妊婦健診で、2回続けて逆子だと診断を受けた場合(特に、赤ちゃんがいつも同じ姿勢をしている場合)や、赤ちゃんが標準より大きいと言われたことがある場合には、難治性である可能性が高いので、26週頃から治療をスタートされてみてはいかがかと考えております。

アキュモードでは、開業以来、28~30週頃までにご通院いただけると、逆子をほぼ100%改善してきた実績がありますが、来院が34週を過ぎてしまうと、改善率が50%以下に急激に下がります。

全妊婦の約20%が逆子を経験するというデータがあり、「逆子」は意外とよくあることで、逆子になったとしても、知らないうちに直ってしまうこともよくあります。
また、西洋医学的には効果的な治療方法がないことと、直らなければ最終的に「帝王切開」という手段があるので、病院ではあまり問題視されません。
ですから、34週頃の検診で、医師から突然「帝王切開の手術日を決めましょう」と言われて、はじめて「これはマズイ!」とビックリして、アキュモードに駈け込まれる方が少なくありません。
ちなみに、初産妊婦が ”帝王切開” となる原因の第一位は、「逆子」なのです。

直るものも、タイミングを失うと直りにくく、直らなくなってしまうので、正しい知識を持ち、計画的に直していきましょう。

ご予約・お問い合わせ

「逆子の灸」について

「逆子の灸」は、逆子治療の基本です。
アキュモードでは、逆子ケアに鍼治療は行いません。
逆子に効果的なツボとして「至陰(シイン)」という足先のツボをご存知の方もいらっしゃると思いますが、アキュモードでは「至陰」の他に、臨床経験から見つけた「逆子に効果的なツボ」と組合せて、お灸を行います。

コースは原則5回、2週間以内に5回、ご通院していただきます。
もちろん、1~2回の施術で逆子が直ってしまう方もいらっしゃいますが、早く直るほど再発率が高いので、アキュモードでは早期に逆子が直った場合には、逆子の再発を防ぐために「逆子の止めの灸」へ、施術を変えます。
この「逆子の止めの灸」は、「安産灸」としても効果があるお灸です。
「逆子の灸」から「逆子の止めの灸」(「安産灸」)へと変えても、追加料金はなく、全5回のコースとなります。
ご通院できない日には、ご自宅でお灸を行っていただくために、お灸セットを差し上げます
また、お灸をするツボ、お灸のやり方などは、しっかりご指導させていただきますので、ご安心ください。
  

「逆子体操」について

30週を過ぎた場合には、「逆子の灸」だけでなく、「逆子体操」を組合せた ”アキュモードのオリジナル逆子改善療法” である「逆子ケアBコース」をお選びください。
「逆子の灸」の直後に「逆子体操」を行うコースは、アキュモード開業以来の経験と実績からたどり着いた「逆子の最強ケア」で、「逆子の灸」を単独で行うより、改善率が約1.5倍上がります。
病院では、助産師さんから「逆子体操」をやるように、プリントをもらうこともあるようですが、実際のやり方が分からない患者様が多いのではないでしょうか。
患者様の中には、「逆子体操」は自宅で行うので、「逆子の灸」だけお願いします、と言われる方もいらっしゃいますが、われわれ鍼灸師が行う「逆子の灸」の直後に、「逆子体操」を続けて行うことがポイントとなります。
ただし、医師から「逆子体操」を禁止されている場合は、「逆子の灸」だけで逆子を直していくので、早めに治療をスタートしていきましょう。
  

コースのご案内

アキュモードの逆子ケアには、2つのコースがあります。

逆子ケアAコース:「逆子の灸」コース

1回あたりの所要時間は、約45~60分程度
(足の冷えの状態や、自宅施灸のご指導にかかるお時間によって、所要時間には幅があります。)

 料金:26,667円+税(5回分の料金・有効期限は1ヶ月)
 里帰り出産の方限定通院1回コースは、9,524円+税
 自宅で行う「逆子の灸」のお灸セット(約1週間分)付き

逆子ケアBコース:「逆子の灸」+「逆子体操」コース

1回あたりの所要時間は、約60~75分程度
(足の冷えの状態や、自宅施灸のご指導にかかるお時間によって、所要時間には幅があります。)

 料金:31,429円+税(5回分の料金・有効期限は1ヶ月)
 里帰り出産の方限定通院1回コースは、11,429円+税
 自宅で行う「逆子の灸」のお灸セット(約2週間分)付き

アキュモードを初めてご利用の方は、別途初診料2,857円+税を頂戴しております。

週数、赤ちゃんの大きさ・姿勢・位置によって改善率は変わりますが、帝王切開前の最終検診で逆子が直ったことが分かり、ギリギリ自然分娩できた患者様もいらっしゃいます。
どんな逆子であっても、直る可能性は決してゼロではありません。
最後の最後までベストを尽くしてガンバリましょう!

逆子ケアAコース・Bコースの詳細はこちら ↓

コースの詳細案内

ご予約・お問い合わせ


逆子を直すポイント

逆子を早期に直すためのポイントは以下の通りです。

  • 28週から治療をスタートさせる。
  • 2週間という短期間に集中して治療を行う。
  • 30週以降であったり、いつも赤ちゃんが同じ位置にいる、胎動が少ない などの場合には、「逆子の灸」と「逆子体操」を組合せた【逆子ケアBコース】がおすすめ
  • ご自宅でも必ずお灸をしてください
    (ご自宅でお灸ができるように、ツボやお灸のやり方をしっかちご指導を致します。2週間分のお灸セットを差し上げます。)

足の冷えやむくみが強く、お灸の熱刺激に反応が悪い方、逆に、敏感過ぎて十分な刺激が入らない方、赤ちゃんの胎動が少ない場合などには、5回の1クールだけでは直らないこともあります。
万が一、1クールで治らなければ、2クール続けて逆子ケアをお受けいただくことは可能です。

「逆子の灸」や「逆子体操」は、赤ちゃんが自然な状態で、正常な位置に戻ることを促し、助けるものであり、外力を加えて矯正するわけではありません。
アキュモードで行う逆子ケアは、赤ちゃんの自主性にまかせ、赤ちゃんが動くきっかけ、動きやすい環境を作るものです。
外回転術(徒手矯正)とは違い、臍帯を首に巻きつけてしまう恐れはないと言われていますし、開業以来アキュモードでは、事故が起きたことはありませんので、ご安心ください。
  

「逆子の灸」をお受け下さった患者様のご感想

患者A子様 逆子ケアAコース(ご来院時30週)

お灸は、長時間ずーっと熱いのを我慢しなくてはいけないものかと思っていたのですが、ほんの一瞬チクッとするだけだったので、思ったより熱くなかったです。
お灸の治療の後は、驚くほど子供が動き、「すごい!」と思いました。
3回目の治療の後の妊婦検診で、逆子が直っていることが分かったのですが、本当に2回目と3回目の治療の後は、びっくりするほど子供がよく動いていました。
逆子が直って、自然分娩できることが、とても嬉しいです。

患者B美様 逆子ケアBコース(ご来院時32週)

お灸は初めてだったので、ドキドキしましたが、帝王切開はどうしても避けたかったので、逆子ケアを受けてみました。
お灸を受けてはじめて、足が冷えていることに気が付き、驚きました。
逆子は、あっけなく2回で直ってしまったので、びっくりしました。
直ってからも、逆子の再発防止のために、安産灸に切り替えてもらえたので、とてもありがたいです。
迷われている人がいたら、絶対、おすすめです。

貴重なご感想をありがとうございました。逆子でお困りの方は、ご参考になさってください。
ちなみに、ご感想をお聞かせいただきました患者A子様は、元気な男の子を無事にご出産され、母乳がよく出ているとのことです。
患者B美様は、とても安産だったそうで、お灸を受けて良かったと、大変喜んでくださいました。
皆様もぜひ、自然分娩をめざし、がんばってみませんか。

逆子ケアAコース・Bコースの詳細はこちら ↓

コースの詳細案内

ご予約・お問い合わせ


はじめに
マタニティ
マタニティ鍼灸
安産灸・マタニティヨガ
逆子の灸・逆子体操
逆子セルフケア
オンラインショップ
アキュモード式不妊症改善セルフケア
アキュモード式アラフォー女子の妊活術
刺さないはり・テイシン
逆子の灸、マタニティ産前・産後のケアDVD
ブログ
ブログ
アクセス
アクセス